犬と共に進化!

  • 2018.10.15 Monday
  • 18:35

 

 

皆さん、こんにちわ。

 

ドッグカラーリストのmanicoです。

 

 

 

 

 

週末はハンナと梅小路公園へ遊びに行ってきましたよ。

 

この辺り一帯は一昨年、京都鉄道博物館がオープンした話題のスポットです。

 

 

 

 

           

 

 

 

 

 

 

犬は、ほかのどの動物よりずっと早くに

 

私たち人と暮らしを共にしてきたと言われています。

 

 

 

 

 

そして共に進化してきたようですよ。

 

 

 

 

 

 

 

私たち人間が狩猟採集をしていた中石器時代から

 

〜現代に続く文明化とまったく並行するようにして、

 

 

犬たちはオオカミから犬へと。

 

私たち人とのコミュニケーションに特化して進化してきたのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

犬は人の気持ちをよく理解し、寄り添ってくれるいきものです。

 

 

 

 

 

飼い主さんに元気がないと

 

そっと側にいてなぐさめてくれるし、

 

 

家族がケンカしていると

 

その空気を感じてソワソワしたり、、中にはケンカの仲裁に入る子もいる!

 

 

 

 

 

 

これって、

 

愛犬と共に暮らす飼い主さんならきっと共感できますよね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実際に最近の科学では

 

 

 

 

人の表情がわかる犬(笑顔と無表情の違いをみている)

 

 

人の視線をよむ犬(視線がなにを指しているかのコミュニケーションが取れる)

 

 

人が指さした場所がわかる犬

 

 

人の話す単語を約300語おぼえた犬

 

 

 

びっくりするような犬たちの「人をよむ能力」についてのデータが集まっているようです!

 

 

 

 

    梅小路公園で出会ったギンジロウ君 かわいい!!

 

 

 

 

 

 

 

 

私たち人間のカラダの進化や生活の変化に合わせて

 

犬たちが進化や変化をしてきたのだから、逆もまたしかり。

 

 

 

 

犬たちと永く共に暮らしてきた私たち人間も

 

犬たちの進化と共に進化し、変化してきたという『共進化』という説もあって、

 

 

 

 

 

 

つまり私たち人間は

 

犬がいたから今の人間になったんだそうですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

人間は犬がいたから

 

 

自分より弱い生き物を守り

 

”言葉”が通じない他者を理解しようとする想像力を持つ

 

優しいいきものへと進化したんだそうです。

 

 

 

 

 

 

私たち人と犬は共に進化してきたのだから、コミュニケーションがとれるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私たち人間同士が、

 

コミュニケーションを通じて理解しあい仲良くなるように

 

 

 

 

 

人と犬もコミュニケーションを大切にすれば、今よりもっと仲良くなれるはず。

 

 

 

 

 

 

『ドッグタイプ』なら人間目線の一方向型のコミュニケーションではなく

 

犬の個性に寄り添ったコミュニケーションの方法がわかりますよ!

 

 

                             犬とわたし社manico.

                                                               http://www.dogandme.love