犬のことば

  • 2018.11.16 Friday
  • 23:28

JUGEMテーマ:わんこ

 

こんにちわ。

 

ドッグカラーリストのmanicoです〜。

 

 

 

 

 

今日は、

 

京都御苑の松の林の中を歩いてきました。

 

 

 

 

 

 

林の中は松ぼっくりがいっぱい転がってましたよ〜!

 

秋だわ。

 

  

 

 

 

 

うちのハンナは

 

こちらになにかを伝えたい時や、近所の犬が吠えている時

 

 

「ワンワン」吠えます。

 

 

 

1日を通していうと、結構「ワンワン」言ってます。

 

 

 

 

 

 

皆さんのところは、どうでしょうか?

 

「ワンワン」吠えていますか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

犬は”ことば”を話さないかわりに、

 

 

「ワンワン」と鳴いて思いを伝えています。

 

 

 

 

 

 

 

 

お散歩の時

 

知らない犬に向かって「ガウガウ」言ったり。

 

 

 

 

「クゥ〜ン」

 

ついついお菓子をあげたくなるような声でおねだりしたりね。

 

 

 

 

おもちゃを引っ張りっこして遊ぶ時の

 

「ウーウー」うなる声なんかは、ハンナもよく出します。

 

 

 

   落ち葉がきれいね!

 

 

 

実は犬の鳴き声を調べた研究では、

 

実にさまざまな声があると言われています。

 

 

 

 

日本語では

 

「ワンワン」吠えるとしか表現しませんが、

 

 

 

 

 

 

欧米では、

 

犬の鳴き声を表現するさまざまな言葉があるみたいなんですよ〜!

 

 

 

 

 

 

 

日本語「ワンワン」

 

英語・・・攻撃的な「ワンワン」をbow wow

 

              何かを要求する時の「ワンワン」をwoof

 

 

 

 

 

日本語「クンクン」

 

英語・・・不安な時の「クンクン」をwhimper

 

             要求の時の「クンクン」をwhine

 

 

 

 

 

日本語「ウー」唸り声

 

英語・・・なわばりや餌を守っている時の「ウー」をsnarl

 

               興奮した時の「ウー」をgrowl

 

     遊びの時の楽しい「ウー」をmoan  

 

 

 

 

 

 

犬のさまざまな気持ちを表現する鳴き声。

 

欧米では、これだけ豊富に対応する言葉があるんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

これは、これまでの人と犬の共生のスタイルが

 

欧米と日本では異なっていたからだと考えられています。

 

 

 

 

 

今でこそ、

 

家の中で共に生活する「室内飼い」が主流になりつつある日本ですが

 

昔は、外飼いでした。

 

 

 

 

 

日本では、ある程度の距離感を持って犬と生活していたのに対して

 

欧米では犬と人の生活の距離感がもっと近く、

 

古くから犬との生活が、家庭の中に溶け込んでいたからなんだろうという事です。

 

 

 

 

 

 

 

 

経済的には、欧米諸国と肩を並べる国際的な国になった日本。

 

だけど、いきものの命や権利についてはペット後進国と言われているんですよね。。

 

 

 

 

 

 

 

 

私たちの愛犬との暮らし。

 

 

 

 

 

 

欧米諸国のペット事情から

 

”人も愛犬も幸せに暮らすヒント”が学べそうですね!

 

 

 

 

 

 

 

 

今後も、少しづつ

 

欧米のペット事情もお伝えしていきますね♩♩

 

 

 

  秋は、人も犬もお散歩が楽しめるいい季節ですね♩

 

 

 

 

 

 

 

 

愛犬の気持ちが知りたい!そんなあなたにぜひ「ドッグタイプ診断」がオススメです。

     

                       犬とわたし社manico.

                                                                 http://www.dogandme.love

                                           

 

コメント
コメントする