ストレスは万病のもと

  • 2018.11.20 Tuesday
  • 15:29

JUGEMテーマ:ワンコとの生活

 

皆さんこんにちわ。

 

ドッグカラーリストのmanicoです。

 

 

 

 

 

つゆちゃんが我が家に来て約2年。

 

ヒーターの前の二人をパシャリ!

 

 

 

  初めての、おててつないで仲良く寝なんですよ。

 

 

 

日に日に寒くなって来ましたが

 

二人のこんな様子を見ているだけで、なんだか気持ちがほっこり〜。

 

 

 

 

  正確には、おててではなく足ですね(笑)

 

 

 

寒いのも、悪くないかも。。

 

なんて思う今日この頃です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さんは、体調崩されていないでしょうか?

 

 

 

 

 

今年も後、1ヶ月と半分ちょっとです。

 

 

体調を崩さず

 

頑張りたいですね!

 

 

 

 

 

 

 

 

「 ストレスは万病のもと 」

 

 

 

 

 

ストレスが

 

様々な病気の原因になるのは、皆さんご存知ですよね。

 

 

 

 

 

 

私たちの脳が、過度のストレスを感じると

 

 

 

体温調節や呼吸、

 

血流、

 

内臓、

 

免疫システム

 

 

 

などを、コントロールする自律神経が影響を受け

 

 

体のバランスを崩してしまうのです。

 

 

 

 

 

体のバランスが崩れてしまうと、

 

心身ともに病気になりやすいんですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

健康的な生活を送るためには、

 

ストレスをうまく発散させ、溜め込まないようにする事がとても大切なんだと感じますよね〜。

 

 

 

 

 

いつものパターンですが、、

 

これ!犬も同じなんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

”犬がストレスを感じる”

 

これって、人間はなかなか共感しづらい事ですが

 

 

 

 

 

実は、

 

犬の脳!人間の脳とつくりがほぼ同じなんですって!!

 

 

 

 

 

やりたいことができない、

 

やりたくないことをやらされ続けると

 

 

ストレスが溜まりうつ状態になってしまうことがあります。

 

 

 

 

 

人の脳に起きることは、犬の脳にも起きると考えられませんか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

犬もストレス過多になると、

 

自律神経などに不調をきたし、免疫力も低下。

 

病気にかかりやすくなり、

 

場合によっては重篤な病気につながってしまうこともあるようです。

 

 

 

人間より寿命が短い分、

 

余計にそうなりますよね。。

 

 

 

 

 

 

      お楽しみのおやつタイムです♩

 

 

 

 

 

愛犬たちは、人と一緒に暮らす上で

 

「トイレは決まった場所でしなければいけない」

 

「自由に吠えてはいけない」

 

「家具を噛んだり壊したりしてはいけない」など、

 

 

人間が決めたルールに従わなければいけませんよね。

 

 

 

そして

 

ルールを守れないと、叱られてしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここで、犬という生き物の本来の行動特性について考えてみると。

 

 

 

 

 

 

 

〈犬の行動〉

 

吠える、噛む、うなる、かじる、走る、舐める、匂いを嗅ぐ

 

 

くわえて引っ張る、振りまわす、マーキングをする、

 

 

おしっこ・うんちをする、掘る、追いかける、飛びつく。。etc.

 

 

 

 

 

 

確かに。

 

家の中でされると困ること、、ばかりですね〜〜;

 

 

 

 

 

 

 

 

上手に犬がストレスを発散できるように

 

お散歩の時間をつくってあげられるといいですよね!

 

 

以前書いた記事(いぬ時間お散歩のこといい子わるい子)を参考にしてみてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「 愛しい愛犬のために

 

   少しでも健康で長生きしてほしい 」

 

 

 

 

「 人も犬も心地いいと感じる暮らし、

 

      お互いにhappyに暮らしたい 」

 

 

 

 

きっと

 

 

皆さん、

 

そう思いますよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人と犬。

 

 

 

 

 

種が違う生き物が共に楽しく暮らすためには、

 

 

お互いにストレスを溜め込まない

 

コミュニケーションが取れている関係性が、理想的です。

 

 

 

 

まずは、「ドッグタイプ診断」を受けてみてください。

 

愛犬の個性に合わせたコミュニケーション方法がわかるんです♩

 

 

 

 

 

 

 

 

愛犬の個性を無視しない、

 

一緒に楽しく暮らすためのルールづくりができますよ〜。

 

                                        犬とわたし社manico.

                                                                       http://www.dogandme.love

                                               

 

コメント
コメントする