胃腸炎は辛すぎる

  • 2018.11.30 Friday
  • 00:06

JUGEMテーマ:わんこ

 

 

皆さん、こんにちわ。

 

ドッグカラーリストのmanicoです!

 

 

 

 

 

昨晩からの雨が上がった

 

朝のお散歩。

 

 

 

実はハンちゃん、丸一日ぶりのお散歩解禁DAYだったんですよ〜!

 

 

 

 

 

 

ごはんは、

 

昨日の夜から病院の処方食が解禁しました。

 

  こんなにたくさんお薬を飲んでいます。

 

 

 

 

 

 

一昨日の夜、軟便だなぁと思って様子見していたら

 

 

あっという間に水のようなうんちが止まらなくなって。。

 

 

 

 

 

 

さらに、

 

 

 

食べたものも何度も吐いて

 

かなり容体が悪化していったんです。

 

 

 

  ぶるぶる震え、ぐったりしていました;

 

 

 

 

病院に着いてからも

 

うんちは流れ続け、吐き気もどんどん酷くなっていきましたが

 

 

 

吐き気どめや炎症どめの注射を2本、

 

脱水症状も出ていたので、点滴をしてもらうと

 

 

 

少しづつ震えも止まり、

 

容体も落ち着いたのでした。

 

 

 

 

 

  本当に辛そうでした。。

 

 

血液検査の結果、すい臓が傷んでいる訳ではなく

 

おそらく一過性のもの。

 

 

拾い食い?食あたり?が、

 

原因なのかもしれないということでした。

 

 

 

 

 

  細い足にする点滴が痛々しい。。

 

 

下痢と吐き気がおさまって、

 

この日

 

家に帰ってきたのが深夜1時ごろでした。 

 

 

 

 

 

そして昨日の朝、

 

また点滴をしてもらいに病院へ行ってきたんですね!

 

 

 

 

 

絶食・絶水・お散歩禁止令が出ましたが、

 

ハンナはぐったりしていて

 

とてもそれどころではない...といった感じでした。

 

 

     夕方、2回目の点滴。心細いのかべったり甘えてきました。

 

 

この日2回目の午後の診察で、

 

かなり元気を取り戻したので

 

お薬と処方食で様子見という事になったのでした〜〜!

 

 

 

 

 

  しばらくは消化にやさしい処方食です。。

 

 

一昨日の軟便の時に、

 

どんぐりがうんちに混じって出てきたので

 

 

もしかしたら、どんぐりの拾い食いが原因だったのかもしれませんよね。

 

 

 

 

吐き戻しで病院へ行くのは、今月に入って2回目。(以前の記事を読んで見てくださいねココ!

 

どんぐりなのか。。病院でもはっきりは原因がわかりませんでしたが、

 

 

先生に

 

「今まで拾い食いをしても大丈夫だったのがここまでひどい状態になるんだから

 

若く見えてもやっぱり確実に歳をとってきているという証拠。

 

若い頃とは体が変わってきているんだよ、気をつけてあげて。」

 

 

 

と、言われました!

 

 

 

 

 

そうなんです。ハンちゃん来年の3月で8歳になります。

 

シニア期を迎えているんですよね。

 

 

 

 

 

 

 

体調の小さな変化に対して

 

早めの対応を心がけるとか、

 

どんぐりの木の下を歩かないだとか、

 

 

前もって対策できる事はしていかなきゃなぁと思います。

 

 

 

 

 

 

でも。

 

 

とりあえずは今日、

 

朝と晩にやわらかいけど形のあるうんちが出たので一安心です。

 

 

 

 

少しづつ、いつもの日常に戻ってきた感じですね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それにしても、

 

犬の不調というのは人と比べて劇的な早さで容体が悪化するんですね。。

 

 

 

ただの下痢だし

 

明日の朝の診察でいいかな〜なんて、

 

 

のんびり構えていたら、ほんと!どんどん容体が悪化していったんですよね〜!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

考えてみたら、犬の寿命は人間より少ない分

 

早く歳をとるし病気の進行も早くて当たり前ですよね。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

愛犬の様子が

 

いつもと違っていると感じたら、

 

 

躊躇なく病院へ連れていってあげたいですね!

 

 

                         犬とわたし社manico.

                                                          http://www.dogandme.love

                              

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする