愛犬ごはん(3) 気をつけたい添加物

  • 2018.12.19 Wednesday
  • 15:39

JUGEMテーマ:わんこ

 

皆さん、こんにちわ。

 

ドッグカラーリストのmanicoです〜♩

 

 

 

一昨日から

 

昨日今日と、ぽかぽか陽気の京都市です。

 

   

 

 

 

 

ハンナには少し暑いくらいだった様子

 

冬なのに;川に入ってクールダウンしていましたよ。

 

 

     冬のおひさまを浴びて、気持ちいいね〜

 

 

  川の水面に青空が映ってきれいですね♩

 

 

 

さて、今回の愛犬ごはん

 

 

シリーズ(3)は、

 

ドッグフードに入っている添加物についてです。

 

 

 

ご一緒に

 

少しお勉強していきましょう〜♩

 

 

 

  熱視線。。

 

 

 

今、うちでは

 

ハンナに食べさせているドッグフードは2種類あります。

 

 

 

 

 

 

●ドライフード

 

POCHI ザ・ドッグフード 〜 3種のポルトリー 〜

 

  

                       ベースフードにしたり、トッピングを乗っけたりしています〜。   

 

 

 

●エアドライフード

 

ジウィピーク エアドライドッグフード 〜 マッカロー&ラム 〜

 

  最近、夜ごはんはこれにしています。

 

 

皆さんは、ドッグフードを選ぶ時

 

何を基準に選んでいますか〜?

 

 

 

 

 

 

 

私は、必ずパッケージの裏に書かれている表示を確認するようにしています。

 

 

 

 

 

購入の前に確認しておきたいポイントはいろいろありますが、

 

今日は

 

愛犬に食べさせたくない添加物について、みていきますね〜。

 

 

 

 

長期保存が可能なドッグフードは、

 

 

簡単に言ってしまえば

 

インスタント食品・レトルト食品です。

 

 

 

無添加ではないにしても、

 

せめて人間の食品にも許可されている添加物を使用しているものを選んであげたいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とても残念なことに、

 

今の日本の法律ではもし愛犬が交通事故に巻き込まれたとしても

 

物損事故として片付けられてしまいますね。

 

 

 

とても怖いことなんですけど

 

そんな犬が食べるドッグフードというのは

 

 

日本の法律の基準では、

 

食品扱いではなく「雑貨」なんですよ!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

愛しい愛犬のカラダは日々の食事から作られていますから

 

毎日、口に入れるものにとても影響を受けてしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

さっそく一緒に、

 

絶対に避けたい添加物をチェックしていきましょう!

 

 

メモをして

 

ドッグフードを選ぶ時には必ずチェックしてあげてくださいね。

 

犬用「おやつ」もですね。

 

 

 

  たまには、完全無添加の手づくり食をあげたいですね〜

 

 

 

 

 

【酸化防止剤】

 

ドッグフードの酸化やカビの発生を防ぎ、日持ちさせる役割がある酸化防止剤。

 

 

日本の食品では認められていないもの。

 

発がん性物質。

 

石油やガソリンの酸化防止剤です!!

 

 

●エトキシキン  ●BHA   ●BHT

 

 

 

 

 

【着色料】

 

着色料はドッグフードを色鮮やかに見せる効果があります。

 

 

着色料に含まれる成分が犬の健康を害し、

 

場合によってはガンやアレルギーを引き起こしたり甲状腺に異常をきたします。

 

 

 

●赤色3号   ●赤色40号   ●赤色102号   ●赤色105号

 

●青色2号

 

 

 

 

 

【甘味料】

 

甘味料はドッグフードの「食いつき」を良くするために使用されます。

 

 

人の食品では使用許可されていないものもあり、未だ安全性すら確認していないものもある。

 

人なら少量大丈夫でも、

 

犬にとっては、すい臓や副腎に悪影響を与え糖尿病を引き起こすこともある。

 

 


●ソルビトール   ●グリシリジン・アンモニエート   ●ビートパルプ

 

●コーンシロップ

 

 

 

 


【その他】

 

「半生タイプ」のドッグフードやおやつによく使用されている。

 

 

強力な発がん性物質が発生するものもあり、

 

犬に絶対与えたくない添加物。

 

人用の場合は、かなり厳格に使用量が規定されているが

 

犬用の場合の基準は、かなり不透明。

 

 

 

●亜硝酸ナトリウム(発色剤)  ●プロピレングリコール(保湿剤)


●ソルビン酸カリウム(合成保存料)

 

 

 

 

         参考文献:中央アート出版社「ペットとホリスティックに暮らす 犬の食事ガイド」

              リチャード・H・ピトケアン 訳:青木多香子

 

 

 

   おかわり、ちょーだい♡

 

 

私たちだって

 

当たり前に食べている添加物ですが

 

私たち人間の場合は「食品」という基準で法律に守られています。

 

 

 

でも、犬の食べているものは「雑貨」です。

 

愛犬を守ってあげられるのは私たち飼い主しかいないんですよね!

 

 

 

 

 

 

 

 

ドッグフードを選ぶ時には、

 

必ず添加物についてチェックしておきたいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

”毎日のごはん”で愛犬のカラダは変わるんです!

 

 

 

 

 

愛しい愛犬とできるだけ長く一緒にいられるために...

 

皆さんと一緒に少しづつ

 

「愛犬ごはん」をお勉強していけたらいいなぁと思っています。

 

 

これからも

 

どうぞお付き合いくださいね〜。

 

 

 

 

                     犬とわたし社manico.

                   http://www.dogandme.love

           

 

          《バックナンバー》ぜひ、読んでみてくださいね〜♩

 

           愛犬ごはん(1)ドッグフード

           愛犬ごはん(2)ドッグフードの種類

 

コメント
コメントする