”しつけ”の前に大切なこと

  • 2018.12.05 Wednesday
  • 12:28

JUGEMテーマ:ワンコとの生活

 

     

 

皆さん、こんにちわ。

 

ドッグカラーリストのmanicoです。

 

 

 

 

 

昨日はめちゃくちゃ暑かった〜;

 

 

全国的に、暖かい日だったそうで

 

最高気温が25度のところもあったんですって〜!?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日はしつけのお話です。

 

 

 

皆さんの愛犬たちは、しつけ本に書かれていることを

 

パーフェクトにできるおりこうさんですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うちは

 

ハンナがパピーの頃に

 

よくしつけ本に書かれている事を、ひと通りトレーニングしたんです。

 

 

 

 

 

3歳ごろまで根気よく教えましたが、

 

 

 

今でも

 

問題なく上手にできる事と

 

あまりできない事があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お友達のところの

 

大型犬(ジャーマンシェパード)の男の子は

 

 

 

パピーの頃から1年間、

 

基礎訓練を受けに行っていましたよ。

 

 

 

 

 

 

 

とても明るく陽気な子で、

 

ドッグタイプでいうと「たいようの子」タイプです。

 

 

 

しつけも入りやすく、とてもおりこうさんですが

 

根っから明るく人・わんこが大好き!

 

 

 

 

お散歩で声をかけられると、

 

ご挨拶がしたくって飛びついちゃうんですね〜。

 

(声をかけられてお返事をするって、ごく当たり前のことなんですが、、

大型犬の急な飛びつきはとても危険ですもんね...)

 

 

 

 

 

3歳になった今も、

 

この飛びつきをやめさせる為に、定期的にトレーニングしに通っているそうなんです。

 

 

 

 

 

 

 

  北山通りの植物園前で!

 

 

 

実は、

 

愛犬と暮らす飼い主さんたち

 

みんながきっと、薄々は気がついている事だとは思うのですけど..。

 

 

 

 

 

 

犬たちには

 

 

持っている気質や個性によって、

 

 

 

 

楽に覚えられるしつけと、

 

頑張っているけれど

 

なかなかできないしつけがあるんです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人間でも、同じように塾に通っていて

 

東大に合格できる子とそうでない子がいますよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう考えてみると

 

犬それぞれに得意・不得意があって、

 

愛犬のしつけがパーフェクトじゃなくても当たり前なんですね!

 

 

 

なんだか、

 

愛犬にも少し優しい気持ちで接することができませんか〜。

 

 

 

 

 

 

 

人に危害を及ぼす、迷惑をかけることがなければ

 

少しぐらい吠えたって大丈夫。

 

おしっこを失敗したって、掃除すれば元どおりになる事ですから。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

異種である動物と一緒に暮らすのだから、、、。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それぐらい大らかな気持ちでいられると、

 

共に暮らす上で

 

飼い主さん、愛犬にとってお互い楽なのでは..と、思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

愛犬たちは

 

飼い主さんの様子がいつもと違うとき、誰より(もしかしたら飼い主さんご自身より)も早く気がついています。

 

 

 

それだけいつも、あなたをみているのですよね。

 

 

 

 

 

ただそばに居て、寄り添ってくれます。

 

 

誰かと比べたりせず、無条件に私たちを受け入れてくれる存在です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

犬のしつけを考える前に

 

少し立ち止まって愛犬の気持ちと繋がってみてほしいのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたに何を伝えようとしてる?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あれが出来ないこれが出来ないと条件をつけたり

 

いい子と比べるのではなく、

 

 

その子の個性丸ごと受け入れて愛情を注いであげると

 

 

自然と愛犬のことがわかり、

 

コミュニケーションもスムーズになっていくんですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

関係性が深まることで、

 

愛犬にとって本当に必要なしつけも分かってきます。

 

また、

 

犬の方でも指示されている事を理解しやすくなりますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『ドッグタイプ診断』であなたの愛犬に必要なしつけがわかります〜!

 

 

犬の個性は4タイプ(たいようの子・ほしの子・ハートの子・もりの子)

 

 

あなたと愛犬の個性に合ったコミュニケーション方法を診断してみませんか♩

 

 

 

 

 

詳細はH.Pをみてくださいね。

 

お問い合わせもぜひ、どうぞ〜♡

                                           犬とわたし社manico.

                                                                          http://www.dogandme.love