愛犬ごはん(2)ドッグフードの種類

  • 2018.12.08 Saturday
  • 00:19

JUGEMテーマ:ワンコとの生活

 

皆さんこんにちわ〜。

 

ドッグカラーリストのmanicoです!

 

 

 

 

昨日の雨もあがって

 

今朝はハンナも、随分はりきった様子でお散歩に〜。

 

 

 

 

  

                       雨で濡れた落ち葉が、つやつやと光ってきれいでした。

 

 

 

 

日向大神宮をぬけて、、

 

      

 

山に登ってきましたよ〜。

 

 

 

 

 

 

 

 

今回も、昨日の「愛犬ごはん」に引き続き

 

ドッグフードのお話です。

 

 

 

 

 

 

 

愛しい愛犬のカラダは日々の食事から作られているんです!

 

 

犬だって、人と同様に「健康で長生き」するためには、

 

毎日食べる食事がとても重要なんですよね。

 

 

 

 

 

というわけで、

 

毎日愛犬が食べるもの。

 

 

 

 

 

「ドッグフード」を一緒にお勉強しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドッグフードには4種類の形状のものがありますよ。

 

 

 

 

ドライフード

 

よくカリカリタイプと言われているものでよね〜!

 

加熱発泡処理されており、固形タイプのものです。

 

 

水分が10%程度以下のドッグフードを

 

ドライフードというらしく、

 

水分がほぼ無いので開封後の保存期間が長いのが特徴!

 

 

最近は価格帯に幅が出てきていますが、比較的安価で売られています。

 

 

 

ウエットフード

 

 

水分含有量が75%程度のとてもやわらかいドッグフードです。

 

缶詰やレトルトパウチなどに詰められています。

 

ドライフードと比べて、比較的食いつきがいいのではないでしょうか。

 

 

水分量が高い分、常温保存には向いていません。

 

開封後は冷蔵庫に入れるなどし、なるべく早めに使い切るようにしましょう!

 

毎日与えるとドライフードよりやや高くつきます。

 

 

 

チルドフード

 

 

ブッチ”というチルドフードが有名です。


100℃未満の低温で15分以内に全体を加熱後、

 

すぐにパッケージ包装されます。

 

だから、

 

味や素材の持つ自然な栄養も損なわれずに


よりフレッシュな状態で食べさせることができるんですね〜。

 

 

ソーセージみたいな感じで

 

食べる分だけ、包丁で切って与えます。

 

要冷蔵。

 

 

犬にも消化しやすく、水分含有量も70%程度あります。

 

 

プレミアムドッグフード(原材料、添加物、栄養についてこだわっている)

 

なので価格は高めです。

 

 

 

エアドライフード

 

 

ジウィ”のドッグフードで採用されている製法です。


低温で何時間もかけて、正しい水分活性値になるまでゆっくり乾燥させています。


この製法は

 

生の食材が持つ栄養素が損なわれるのを最低限に抑え、

 

生食に近い栄養素を摂取できるんですよ〜!

 

 

 

犬の消化に負担をかけない生食と近い栄養を摂取できる上に

 

常温保存ができるのは嬉しいですね。

 

水分量約14%あるので、ややしっとりした

 

ジャーキーみたいなタイプです。

 

 

プレミアムドッグフード(原材料、添加物、栄養についてこだわっている)

 

なので価格は高めです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドッグフードにも、

 

いろんなタイプがある事がわかりましたね〜。

 

 

 

 

 

 

 

 

犬の手づくり食と違い、

 

長期間保存ができる。

 

 

犬に必要な栄養が、バランスよく配合されていて

 

手軽に与えられるのが「ドッグフード」の魅力です。

 

 

 

 

 

 

そう!とても便利。

 

そんな「ドッグフード」は、、 インスタント食品・レトルト食品なんですよね。

 

 

 

 

 

 

 

どんなにプレミアムな原料を使っていても

 

長期保存ができるように、栄養素を安定させる為に加工しています。

 

 

 

それに、

 

自然の食材で水分量が10%以下のものは無いのですからね〜;

 

 

 

 

 

 

 

 

 

愛犬に

 

「健康で長生きしてほしい!」

 

 

そう願う私たち飼い主が頭に入れておきたい事ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

”毎日のごはん”で愛犬のカラダは変わるんです!

 

 

 

 

愛しい愛犬とできるだけ長く一緒にいられるために...

 

皆さんと一緒に少しづつ

 

「愛犬ごはん」をお勉強していけたらいいなぁと思っています。

 

 

どうぞお付き合いくださいね〜。

 

 

                                                                    犬とわたし社manico.

                                                                http://www.dogandme.love