犬と観る 紅葉の京都 真如堂

  • 2018.11.26 Monday
  • 19:58

JUGEMテーマ:秋の京都

 

 

 

皆さん、三連休はいかがお過ごしでしたか。

 

 

こんにちわ。ドッグカラーリストのmanicoです。

 

 

 

  八重咲きのさざんかと、ちらっと紅葉。

 

 

  真っ赤な南天の実がおいしそう〜

 

 

 

 

京都は

 

紅葉の見頃を迎え

 

 

 

わんこにとっても(涼しいし)、人にとっても(景色が最高で)

 

お散歩が気持ちいい〜んです♩

 

 

 

 

  朝さんぽの帰り道〜吉田神社の鳥居と紅葉。

 

 

 

 

この時期の京都、

 

 

紅葉の名所と言われる神社やお寺は

 

人がいっぱい!

 

 

 

 

 

 

とてもハンナと一緒に

 

のんびり紅葉狩りなんてできないので、、

 

 

 

 

 

 

 

5時半起きで

 

紅葉狩りに行ってきましたよ〜🍁🍁🍁

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

紅葉の隠れた名所、

 

知る人ぞ知る紅葉のお寺「真如堂」をお散歩です。

 

  奥の本堂へ続く正面の参道です。

 

 

  美しい!それにしても、狛犬みたいなポージングやね(笑)

 

 

 

 

ここ「真如堂」は、女の人の願いを叶える神様がいるお寺さん。

 

正式名称は真正極楽寺というんだって。

 

 

 

 

 

そして、なんと

 

 

 

 

わんこも一緒に参拝オッケー!

 

貴重なお寺なんですよ。

 

 

 

 

 

 

普通は

 

境内に犬が入ることを禁止しているところが

 

ほとんどですよね。

 

 

 

こういったおおらかさからも「真如堂」の

 

懐の深さ、大きさを感じさせられます。

 

 

 

  三重塔と紅葉

 

 

本堂の裏手にあるお庭がまた、素晴らしかったです〜!

 

 

 

12月初旬に入ると

 

散った紅葉が真っ赤な絨毯のように敷き詰められる光景が非常に美しく、有名なのだとか。

 

 

 

また12月に入ったら、来なくっちゃ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところが、

 

そんな真如堂の裏庭に残念な看板が立てられていました。

 

 

 

 

 

今まで見かけなかったので

 

おそらく今年、、。

 

最近、立てられたのだと思いますが

 

 

 

 

 

 

犬のフンの後始末をしない方が多く、

 

参拝者からの苦情が増えてきたとの事です。

 

 

 

 

 

 

 

 

看板には、

 

 

 

 

犬のお散歩に来られている方への

 

フンの後始末のお願いが書かれていました。

 

 

また、今後犬の飼い主さんのマナー向上がみられないようだと

 

犬の参拝は一切禁止にするしかないという事も。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とても、残念ですよね。

 

 

 

 

飼い主さんはきっと、

 

舗装された道路を歩くだけのお散歩より

 

犬も喜ぶ、自然美しい土の境内を歩かせたかったのでしょうね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも結局は、飼い主さんのマナーが悪いせいで

 

貴重なお散歩道を奪われてしまうのは愛犬なのですよね。。

 

 

 

 

 

真如堂を参拝される方々に迷惑をかけているのは「犬」ではなく、

 

人間同士のマナーを大切にできない「飼い主さん」なんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私自身は、

 

犬と暮らしている者(犬の飼い主)としての自覚をきちんと持てているのかな。。

 

 

 

 

なんて

 

考えてしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

例えば、

 

しつけが上手くいかない。。

 

いうことを聞かない。。

 

 

と、ついついキツく叱ってしまう事ありませんか。

 

 

 

 

 

 

 

 

そもそも(しつけ)って

 

私たち人間界のルールを犬に守らせ、

 

 

他人に迷惑をかけないように。

 

私たちが快適に過ごせるように。   する為のものですね。

 

 

 

 

 

 

でも犬は本来、

 

吠える。

 

走る。

 

好きな場所に排泄をする。

 

かむ。

 

追いかける。

 

 

そんな生き物。

 

 

 

 

 

そんな犬と一緒に暮らすんですから、

 

飼う方の私たち人間にも自覚が必要なんだと思います。

 

 

 

犬をしつける以前に、

 

私たち自身の「犬の飼い主である自覚」が大切なんですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして。。

 

 

 

 

 

 

 

そんな犬たちは、人間が大好き!

 

 

 

飼い主さんの笑顔が見たいから

 

人間界のルールを覚えようと頑張るんですよね。

 

 

 

 

 

 

ほんと、愛おしい存在です。

 

 

      苔の緑と紅葉の赤のコントラストも綺麗でした!

 

 

 

 

私たち飼い主だって、愛犬の喜ぶ顔が見たいですね。

 

 

 

いろんな所に一緒にお出かけしたい!!

 

 

 

 

 

 

 

その為には、私たち飼い主のマナーや意識の向上が必要なんだなぁと

 

実感させられた一件でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「飼い主としての自覚をキチンと持つ事」は

 

私たちが愛犬の為にできる事のひとつですよね!

 

                   

                                     犬とわたし社manico.

                                                                        http://www.dogandme.love